あおたに10のひとり言日記


硬軟取り混ぜ一貫性もなく日々ふと思った事などを書いていきます。
by otomeyuria

明日帰省

今年90歳になる母。
2週間前まで「106歳まで生きる♪」(祖母が天寿を全うした年齢)
と言っていたのに、先週の電話では「足が痛い。首と肩が痛い」と
弱々しい声。

春になり、実家の庭には雑草が芽吹き、生け垣の赤い葉が毎日落ちます。
母はそれを放っておけず毎日地べたにかがみ込んで草を抜き葉を拾います。
背を丸め膝を曲げての作業で関節痛を招いたものと思われます。

私の年齢でさえ関節の軟骨が少なくなり痛みを感じるようになります。
ゆえに出来るだけ無理をしないように気をつけているのです。
それを89歳の母が草むしりでかがみ込むなど無謀な事でしょう。
いくら言っても身体が動く限り庭に出る母。
遠方からでは運動をセーブさせようにも限界があります。

連休は帰省して出来るだけの事を替わってやろうと思います。
連休中なので病院はお休みですが、5月1、2日なら行けるかも。
ひとりでは病院に行きたがらないので私がいる間に
連れて行けるといいのですが‥
無理なら5月後半に帰省する姉に託す事になるでしょう。

以前から気になっていると言っていた破れた網戸も
私が交換するつもり。
日数が足りるかしら。

「実家に帰省」は賃金を稼がない労働です。
「のんびりしてきてね」なんて言われたくないな。
でも、今生きている母の為に、自分が後悔しない為に、
出来るだけの事をするのは幸せな事だと思います。
だって一応私は元気だし、独身で身軽ですから。

‥そう言いながら水曜日、着付け教室の帰りに駅の階段の一番下で
足をひねって転んでしまったので少しだけ左足首がおかしいのですが(笑
母より若いが若くない私、気をつけなくちゃね^^:

[PR]

# by otomeyuria | 2017-04-29 16:37 | 日常 | Trackback | Comments(0)

またもSさんの話

一進一退。

昨日振り向きを終わらせたので渡した炎のカット。
課題ですから簡単なフォルムで6枚の繰り返しです。

たった6枚、何でもいいからとにかく仕上げて持って来て欲しいのですが
夜になっても持って来ません。
7時頃「明日は私少し早く帰るのでそれまでに持って来てね」と
机の上を見ると全く形になっていない炎。
なんでだぁ〜〜!

悩むのが好きなのかな?
でも描けないなら一度は完成させて聞きにくればいいのに。

Sさんは同期の人たちが次々カットを完成させて行く事に
焦りを感じているようです。
「他の二人はどうですか?」と聞いて来ます。
「S谷さんは専門学校で一度経験しているからね。
S木さんは始めは描けていないけど動きを説明すると面白がってくれるよ」
でも他の人がどうかなんて本当は関係ないんだけどな。

Sさんは「どう言う描き方をすればうまくなりますか?」とか
「どうすれば動きの事が分りますか?」などと
近道する方法ばかり聞いて来ます。
私はいつも「沢山やって覚えるしかない。全て経験」と答えるのですが
簡単に手に入る方法はないかと思っている彼女の考え方が
どうにも気に入りません。そんな事は言いませんが。
「これさえやれば大丈夫」とか「あっという間にうまくなる」なんて方法は
少なくともアニメーションの世界には存在しません。
私はそんな方法を知りません。
もしかすると私の教え方が彼女に合わないのかも知れません。
昨年原画の研修をしたMさんの事がふと頭をよぎります。
Mさんもなんだか焦っていたなぁ。

「千里の道も一歩から」と言いますよね。
試行錯誤しながら一歩一歩歩いていればいつの間にか高い所に
いるものだと思います。
なんとかそちらに気持ちを持って行って欲しいのですが無理なのかな。

お給料を払っているのは会社です。
ただ勉強したいだけならお金を払って学校に行った方がいいと思います。
とりあえずの猶予は3ヶ月。
なんとか地道に進んで欲しいのですが‥

[PR]

# by otomeyuria | 2017-04-26 01:02 | 仕事の話 | Trackback | Comments(0)

一喜一憂

昨日までどうしようかと悩んでいた新人Sさん、
今日は振り向きのカットを仕上げて持って来てくれてほっとしました。

初めての振り向きなので色々と間違いだらけですが
モノがあるから直せます。
直せるから色々なアドバイスが出来ます。
午前中に1度修正し、振り向きの基本を説明しました。
その後清書を直したものを持って来たのでちょっと注意してOKを出し
午後振り向きを直したものをもう一度チェックして
気になる所を説明しながら修正して終了。
案外早いではないですか。

先週やってもらったカットは清書も中割りも出来ていなかったのですが
今日は清書はまあまあ、中割りはまだだけど物の立体感を掴んだ絵が描けるので
もう少し練習すればいい動画が描けそうな気がします。
多分デッサンはしっかりやって来たのでしょうから
その気になればいい方向へ進めるはず‥

暗澹とした気持ちだった昨日までと違い、今日は安心と喜び。
みんな、これからだね。
頑張れよ〜〜!

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」

最近知った山本五十六の言葉。
本当にそうだなぁ、と思います。

ただ、私は最初から説明するのではなく一度は自分の頭で考えて悩ませ、
その後でどこがどう違っているのか、どうすれば良くなるのかを説明しながら
目の前で絵を描いて見せています。
それぞれに「線が良くなった」とか「中割りが上手になった」とか
気付いたいい所はしっかり褒めます。
絶対言わないのが「あなたは全然駄目」などの否定的な言葉。
理解するまで、出来るようになるまで、ちゃんと見守ってあげられれば
必ずいい動画は描けるようになります。
そしていい原画が描けるようになればアニメーションも
もっと良くなるんだけどな。

私が息切れしないようにするのが大事ですね。
「中の中」から「中の上」程度の私、ちょっと偉そうですか?(笑

[PR]

# by otomeyuria | 2017-04-24 20:42 | 仕事の話 | Trackback | Comments(0)

結構手こずる

新人Sさん。

美大で洋画を専攻していたのだそうです。
そしてアニメーションが好きで24歳にして初めて業界にやって来ました。

採用は私の担当ではなく動画チーフのKさんとアニメーター出身の演出のYさん。
面接も私はノータッチで、選ばれて入社した人が私の所に送られて来ます。
なので選考の基準は私には分りません。

比較的多いのがアニメーションの専門学校を出た人なので
アニメーションのいろはくらいは知っている人が多いのですが
Sさんの場合全ての知識はゼロに近い事が分りました。
24歳までアニメーション好きで来たのなら、そしてそれを仕事にしようと
思っていたのなら、どのようにしてアニメーションが出来るのかくらい
知っているものと思っていたのですが、
まず動画用紙を固定するタップを知らない所からのスタートでした。

今、世の中にはアニメ関連本は山ほど出ています。
絵を中心の物も多くありますがハウツー本も沢山あります。
うまい原画の動きをまとめた本もあります。
それらを全く読まないで「教えてもらう」つもりでやってくるとは
なんと剛胆な。
高校出たてくらいなら分りますが、24歳まで何やって来たの?と思います。

私はまずおおまかな動きの原理を教えてから緻密な清書の仕方を加え
原理と実践を平行して身につけてもらう事にしています。
でもSさんの場合清書が何たるかも知らず原画を崩して中割りをしてしまう
事があったので過去作品の清書を「朝の課題として1日1枚やって」と
渡しておきました。
当然朝1枚清書、その後普通の課題とやってくれると思っていたのですが
朝の1枚がない。
「清書は?」と言うと慌てて1枚だけ持って来ました。
それも修正を入れて渡したらその後なしのつぶて。
ひっきりなしに他の新人さんがやって来るのでSさんの所へは
足を運んでいませんが、普通の課題も時間が掛っているようで
持って来ないし、これから先が思いやられます。

アニメーションの仕事はシビアです。
枚数の出来高が収入。
TVの動画はとにかく安い事が多いのでかなりスピードがないと
食べて行けません。
でも下手では迷惑です。
下手で雑でスピードが早い人はアニメーションへの冒涜。
そんな人には辞めていただきたい。
そうならないよう、Sさんには噛んで含めるように説明している
つもりなのですがなかなか伝わらないようです。

同期でやはり洋画をやっていたと言う23歳のS木さんは飲み込みも早く
動きの事、形の事を話すととても面白がってくれます。
面白いと思う事は身に付くはずです。

Sさんは近視眼的で周囲を見ようとしません。
悪い子ではないのですがいちいちお尻を叩きに私が出向いて行かなくては
いけないのかと思うと気が重くなります。
何か言う度に「すみません!すみません!」と謝るのですが
私は叱ってはいないし謝る事ばかりに気を取られて私の話が
耳に入っていないような気がします。
困っちゃうなー。
一応「説明上手」と言われて来た私なんですけどね。

3ヶ月はじっくり見て行くしかありません。
あまり同期の子と差が付くと辛いのは本人なので
もっと頑張って欲しいのですが、さてどうなりますか。


一昨日、私が見ている女の子たちにプレゼント。
e0097247_07201133.jpg
S谷さんが「可愛い〜〜っ!」とめっちゃ喜んでくれました^^

今年の新人さん、頭文字がみんなSなんだな‥

[PR]

# by otomeyuria | 2017-04-23 07:24 | 仕事の話 | Trackback | Comments(0)

忙しい一週間でした。

元気なのは昼間だけ、その時間は会社にいます。
相変わらず動画新人3人、本番に入った新人ひとり、
原画新人ひとりを見ています。
昨年は18時30分頃には退社していたのですが
なぜかこの頃19時を少し過ぎる事が多くなっています。
そんな訳で帰宅するとあっという間におネムになるので
ブログ更新もままならない状況でした。

今日は出勤日でしたが明日はお休みなので少しのんびりした気分です。
夕食はまだですけど。

今週は私の誕生日がありました。
特に感慨はないけれど一応誕生日なのでケーキを買いました。
e0097247_20220966.jpg
やっぱりイチゴショートよね^^
この日は度付きサングラスを受け取りに吉祥寺に行ったので
ついでに買った感じです。
と言う訳で自分へのバースデイプレゼントはこれになりました(笑
e0097247_20222130.jpg
自転車で駅まで行く時に使う予定。
ちょっと気取った感じ?
せっかくのサングラスなので遊び心もプラスして、ね。

帰りにアームカバーにする生地を探しにユザワヤへ。
布地を見て回っているとワクワクが止まりません。
今年はワンピースに良さそうな素敵な花柄の生地が沢山!
子供用の生地も楽しい花柄のものが沢山あって、お裁縫の得意なお母さんなら
きっと夏のワンピースやスカートを楽しみながら作るのだろうな、と
想像しました。

私が子供の頃、母が姉とお揃いのレースのワンピースを作ってくれたのを
思い出しました。
忙しい母が時間をやりくりして作ってくれた事だけ覚えていましたが
こうして布地の中を歩いているときっと母も作る楽しみを
味わっていたのだろうと初めて思い至りました。
ね、案外幸せだったんじゃない?

今の私は余裕がなくて何も作れずにいます。
だからどんなに魅力的な物があっても「買っちゃ駄目だ!」と心に念じつつ
ユザワヤの売り場を歩いていたのですが‥
e0097247_20493806.jpg
抑えられなかった‥
ストライプの生地は必要だったアームカバー用。
犬のプリント生地は綿麻キャンバス。
ブックカバーにいいかも、と思ってしまって。
それでも我慢した方です。
も〜〜っと可愛いパグのプリントもあったんだから〜(笑
ベルベットのリボンは特価だったからつい‥
まぁこれもバースデイプレゼントと言う事にいたしましょう^^;

問題は「いつ作るのよ!」と言う点ですな。

そんな事もあった今週でした。


[PR]

# by otomeyuria | 2017-04-22 21:09 | 日常 | Trackback | Comments(0)